人気ブログランキング | 話題のタグを見る

降っても晴れてものんびり日々進歩


by Chihirokubo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
無事に新しい年を迎えることができました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、お正月恒例の親戚の集まりにて、「時々ブログチェックしとうよ。(山口弁)」と従妹から言われ、はて?去年(2019年)ブログって更新したかな?と思いつつ、恐る恐る覗いてみるとなんと3記事も書いていたというちょっとした安堵感。笑
そして、振り返る間もなく働いた自分を少しだけ褒めてあげてもいいかな…と思えた今年のお正月。

昨年もたくさんの音楽に恵まれ、また新しい経験もたくさんさせていただき、目が回るような日々の中でたくさんの幸せを感じながらの1年となりました。
4月から始まった大学での勤務は、右も左も分からず、たっくさんの人に迷惑かけながら手探りの日々。
自由に使える時間がぐっと減った中で、去年を上回る演奏の機会をいただけたことは本当にありがたいこと。
共演者に助けてもらいながら、また素晴らしい音楽に出会えたこと、何度も何度も音楽への愛情を確かめられたことに感謝すると共に、なんとか1年間走り続けられたことにホッとしています。

新年あけましておめでとうございます。_f0175392_12030814.jpg

数えてみれば、大小合わせて37種類、40回の本番。
はじめましての共演者との出会いや、たくさんの新しい曲との出会い。
もう長年音楽やってますが、まだまだ世界には知らない素晴らしい作品があるようです。

新年あけましておめでとうございます。_f0175392_21510706.jpg
新年あけましておめでとうございます。_f0175392_21473712.jpg

そして2019年、何より意味があったのが2月に訪れた4年ぶりのHamburg…1度のみならず、実は夏にもハンブルグに帰省し計2回も里帰りすることが出来ました。
今思えば、スケジュール的にも体力的にもギリギリでしたが、それでも久々に触れた故郷の空気と、そこに暮らす友人たちとの再会は私のモチベーションをぐっと上げてくれ、おそらくそのおかげで1年間新鮮な気持ちで音楽に迎え続けられたのかもしれません。

また、バッハについて2時間しゃべり続けるという初めての公開講座。
すべてが右往左往の立ち往生な専任講師としての勤務。
12月には初めてマスタークラスをオーガナイズすると等の新しい挑戦が出来たのも良い経験になりました。

時には忙しすぎて心に余裕がなくなったりもしましたが、何より音楽を通じて人とつながれること、人に必要とされることに喜びと感謝の気持ちを感じながら、また今年も走り続けたいと思います。
みなさま、どうぞ引き続きよろしくお願いいたします



# by Chihirokubo | 2020-01-05 23:59

Hamburg

Hamburg_f0175392_09294165.jpg


10日間ほど、ハンブルグに里帰りしてきました。
日本に完全帰国してから2度目。
なんと約4年ぶりのハンブルグ。
8年も住んでいた大好きなハンブルグを、もう4年間も留守にしていたなんて…。

4年ぶりの第2の故郷は小さな変化もあり、でも変わらず暖かく迎えてくれました。
見よ、天気の悪さで悪名高き北ドイツの晴れ晴れとした青空を!
私、やっぱりハンブルグに愛されている。笑

ここ2年ほどヨーロッパに行こうという気持ちの余裕も時間的余裕もなく、ひたすら日々に追われてました。
そんな中、ふと空いた2週間のお休み。
ハンブルグの仲間たちからのメールでの後押しもあり、大好きな街と大好きな人に会いに行こうと飛行機のチケットを購入したのです。
ハンブルグに住んでいた頃、体調や肌の調子も良く、あぁ、この街は自分に合っていると感じながら生活してましたが、なるほど、4年ぶりのロングフライト(しかも4時間の遅延付き)にも関わらず、疲労も時差ボケもほぼ無い状態でドイツに到着。
頑丈なエスカレーター、高い便座、ガシガシしたサラダ、固いパン、スーパーの匂い、レジのベルトコンベアー、電車のドア開くボタン…。

さすがに8年暮らしていたので新鮮な感じはほぼ無かったですが、それでも忘れていることがけっこうあって、懐かしく思うこともしばしば。
最初はドイツ語で話しかけられてもすぐに対応できず、ポカーンとしてましたが、それも約1日半で少しずつ回復。
特に観光するわけでもなく、朝起きていつもの公園散歩して、友人とカフェして、スーパーでお買い物して、友人とランチして、ちょっと街に繰り出して、友人とディナーして。
そんな10日間。

会わない間に、友人たちの環境も変わり、それぞれが大きな変化を遂げ精一杯異国で生きている姿に大いに刺激されました。
と同時に、私は彼らと同じように努力できているのかと、日々の怠け癖を反省。
それでも、私が大学で働いていることを自分のことのように喜んでくれる友人の笑顔を見て、尊敬出来る友人を持てたこと、その友人に尊敬されるように頑張ろうと思えることに、大きな感謝の気持ちを抱きました。

10日間ハンブルグをプラプラ歩き回って、忘れていたことがけっこうたくさんあったことに気づきました。
街のいたるところに、たくさんたくさん思い出が落ちていて、それを拾い集めながらの日々。
思い出が集まれば集まるほど、大切な気持ちで心が満たされる感覚を味わい、ついに9日目の夜、ひとりで街を散歩しながら涙が止まらなくなってしまいました。
心の扉が開いて、感情があふれ出してコントロールできない感じ。
あぁ、私この街でこんな気持ちで生きてたんだな…と。それは音楽家としてはとても大事な感覚で、すっかり忘れかけてたな…と。
そしてそんな気持ちで生活できていたこと、それを今また思い出せたことへの感謝。
久々の号泣でした。

私はヨーロッパが大好きだったけど、日本で生きていくことにしました。
そのことに後悔はないけど、20代のほとんどを過ごしたこの街にはかけがえのない思い出があり、その一つ一つが今の自分を作っている。
街でぶつかってくるおじさんに舌打ちしたり、仕事に向かう電車の中で憂鬱になったり、仕事のできない若者にイライラしたり、ストッキングの伝線や肌荒れを気にしたり、そんなことに気にしながら生きていくことになんの意味も無いんだ。
もっと自然に、オープンに生きようと思わせてくれた今回のハンブルグ滞在。

私の中で、大きな大きな意味があり、自分でもこんなに心が動いていることにびっくりしています。
ハンブルグという街、そこに今も生きる大切な友人たち、いつも私に刺激を与えてくれる場所。
そんな場所があることに、心から感謝しながら。
今回得た刺激と、感情がすっかり消えてしまう前に、またハンブルグに行かねば…と思ってます。

Hamburg_f0175392_09302483.jpg














# by Chihirokubo | 2019-03-13 00:06

New Year Concert

New Year Concert_f0175392_00342251.jpg

2019年、初ステージはイタリアンレストラン・ペイザン(山口県阿知須)でのその名もニューイヤーコンサートでした。
ペイザンでの共演は、お馴染みの美科さん・深雪さんと。
老舗イタリアンのおいしいコース料理と共に、クラシックからミュージカルまで3ステージ、私たち自身も楽しみながら演奏しました。

お客さんと一緒のコース料理を食べる余裕はさすがにありませんが、合間に我々も楽屋でちゃっかりイタリアンを堪能。
前菜盛り合わせやピザ等々、美味しい料理を食べながらの、仲間との音楽。
とっても楽しい本番でした。

さてさて今年も初共演や懐かしい方との共演、もちろんお馴染みの共演等色々予定されてます。
どんな音楽に出会えるか、私自身も今からとっても楽しみ!
各地でお目にかかれるのを楽しみにしてます♬

New Year Concert_f0175392_00301778.jpg





# by Chihirokubo | 2019-01-23 00:35

年末年始

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
たくさんの方と音楽に恵まれ、無事新しい年を迎えることが出来、感謝しております。
どうぞ今年も、引き続きよろしくお願いいたします。

さてさて昨年末に続いたコンサートの充実感と疲労感から、今年は文字通りの寝正月となってしまいましたが、2018年三本締めならぬ、ラスト3つのコンサート、とてもとても充実した幸せな時間を過ごすことが出来ました。

12月19日。
大阪フィルハーモニーのトランペット奏者である高見くんと初共演。

年末年始_f0175392_21583363.jpg

会場は訪れる度にテンションの上がる、美しいアンティークスタインウェイが置かれた逸翁美術館、マグノリアホール。
1872年生のなかなか気難しい楽器ですが、透かし彫りの譜面台、優美な脚とペダル、伝統の香りがするロゴにいつもながらウットリして、写真撮影会を開催してしまいます。笑

年末年始_f0175392_21583785.jpg

平日の昼間という時間帯で、やや心配していたのですが、たくさんのお客様に恵まれ、次々出てくる色々なトランペットで奏でられる安定の音楽と、楽しく分かりやすいトークに、私自身が十分にコンサートを楽しく堪能しながら演奏してきました。


その後東京へ移動、12月23日はお馴染み広島交響楽団のスーパーテュービスト、古ちゃんのリサイタル。

年末年始_f0175392_21584716.jpg

会場となったスペースDoは管楽器専門店とのことですが、とても状態の良いスタインウェイが常設してあり、古ちゃんの音楽に引っ張られながら、その場の雰囲気から生み出される生きた音楽を堪能することが出来ました。
とにかく、楽しかった!の一言。とっても幸せな時間でした。

年末年始_f0175392_21585210.jpg

休憩中に楽屋から会場を覗く。↑
ステージ上の人だかりは、主役自らCDを販売してる様子です。
いやー、古ちゃん元気だな。。。


2018年、弾き納めは12月26日京都文化博物館でのリーダーアーベントでした。

年末年始_f0175392_21593271.jpg

いつもお世話になっているツヤ先生の門下生、3人が集まってのジョイントコンサート。
シューベルト、ブラームスから、ドボルジャーク、モンポウ、ラヴェル、チャイコにラフマニノフ、邦人作品まで、バラエティに富んだプログラムで気持ちの作り方が少し大変でしたが、3人3様、それぞれの歌手がとても素晴らしく、また満員のお客さんで埋まった文化博物館の、暖かく美しい響きの中で、音楽に感謝しながらの、弾き納めに相応しい幸せに満ちたコンサートになりました。

年末年始_f0175392_21593387.jpg

今回3つのコンサートの日程も近く、自分のソロリサイタルの準備をしながら譜読み、合間にレッスンやアウトリーチ公演等を挟みつつ、移動してのリハと本番で、正直体力的にかなりやられました。
でも、この年末に共演した5人の音楽家は、それぞれが音楽への愛情と情熱に満ちた素晴らしい音楽家たちで、疲労の限界で向かったリハで弾いてる間にどんどん元気になることもしばしば。
なによりそれぞれの音楽家と「本当にいい曲!」と言いながらのリハは、すごくすごく充実しており、こんなにも自分の演奏する曲を愛し堪能できる人と共に音楽を作っていけること、そんな共演者に恵まれていることに感謝でいっぱいの年末でした。

年末年始_f0175392_21593674.jpg

2018年も、たくさんの本番に恵まれ、無事弾き納めることができました。
楽しい乾杯のこの後、猛烈に体調を崩し、まるまる1週間寝尽くすことに・・・。笑

2019年も、たくさんの音楽に恵まれた1年になりますように!
そして更なる体力向上を目指します!
弾き初めは、1月20日、山口阿知須のイタリアンレストラン、ペイザンでのニューイヤーコンサートになります。
どうぞよろしくお願いいたします。



# by Chihirokubo | 2019-01-03 21:57

広島リサイタル

広島リサイタル_f0175392_23193853.jpg
 
会場となった、エリザベト音楽大学ザビエルホール。豊潤な響きの素敵なホールです。

12月14日。
広島での初めてのソロリサイタル、無事に終わりました。
広島の大学に勤務しだして2年弱。
有難いことにこれまでも室内楽等演奏する機会はありましたが、ソロ曲を、しかも2時間びっちり聞いてもらうのは初めて。
この2年弱でお世話になった先生方や、学生たちの前で、無事弾き通すことが出来、今はひとまず一安心しております。

2回目の演奏となったリストのソナタも、初演時より、また少しだけ奥まで覗けたような気がするし、なにより自分からとても遠い作曲家であるシューマンの幻想曲。
弾く度に曲に置いてけぼりになる感じがありましたが、リストのソナタを勉強したことで新しく見えてくることもあり、今回またグーンと曲に近づけたような気がして、とても嬉しく思ってます。

またこの日は、うちの門下生たちがお手伝いしてくれました。
ステマネから受付、録画、片付けまで完璧な業務に感動。
私が大学に到着すると、すでに学生たちの手で玄関に盛大な宣伝が!

広島リサイタル_f0175392_23194264.jpg

バタバタしてましたが、いつの間にか大学玄関にはクリスマスリースが。
今年もそういう季節なんだなぁ。
年末までの2週間の間に、あと5公演!
今日のコンサートで養った英気を糧に、今年いっぱい、しっかり走り抜けられますように!

広島リサイタル_f0175392_11442298.jpg

打ち上げしたミオバール で、マスターの暖かい暖かいサービス。
心が、ほっこりします。
広島万歳♬


# by Chihirokubo | 2018-12-16 23:19